読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆よろずや情報局~OTOKU~☆

体に良い情報や面白い情報を多方面にご紹介していきます

ゆず『栄光の架橋』誕生秘話 X JAPANのような「壮大なロックバラード」にしたかった

ゆずが2004年7月に出した『栄光の架橋』はNHKアテネオリンピック中継』公式テーマソングとなったのをはじめ、後のオリンピック番組でも使われ続けている。広く愛されており、東日本大震災の時は同曲に「元気づけられた」「救われた」という人が多かった。彼らにも転機となったこの名曲が、実はロックバンX JAPANにインスパイアされて誕生したという。

ゆずの北川悠仁は常々X JAPANのファンだと公言しているが、自身の曲作りへの影響もあるそうだ。4月15日、日本テレビ系で放送されたバラエティ番組『嵐にしやがれ 土曜夜9時 お引越し記念!今夜は3時間スペシャル』のなかで相葉雅紀がゆずのプライベートスタジオを訪れた際に、北川から「人生で初めて」という『栄光の架橋』誕生の経緯が語られた。

相葉から“ゆずに影響を与えた日本の名曲”について振られるなか、北川が中学生の時によく聴いたのがX JAPAN『ENDLESS RAIN』だという。「後の曲作りにも影響を与えたとかは?」と問われると、北川は「ちょっとありますね」と『栄光の架橋』のアレンジで「ロックバンドの壮大なバラード」風にしようと考えたことを明かす。

ただ世間ではゆずと言えばデビュー曲『夏色』のイメージが強く、スタッフは「それはゆずっぽくないだろう」と難色を示した。そんな北川の告白を聞いていた岩沢厚治が「なんか、北川とスタッフの温度差が違った」と当時を振り返る。「『ENDLESS RAIN』なんです!」と熱く訴える北川の姿を思い出して「そういうことだったんだ! これだったんだな!」と今になって納得していた。

『ENDLESS RAIN』はまだ“X”を名乗っていたX JAPANが1989年12月にリリースした4枚目シングルだ。今も世界中で愛される名曲で、折しもYOSHKIが4月12日に『Yoshiki(YoshikiOfficial)ツイッター』で「Wow! これ、なんか凄いんだけど~!」とタイの歌番組『THE MASK SINGER』で披露された『ENDLESS RAIN』に注目している。

他にも北川は「嵐さんを思いながら作った」とゆずの『Yesterday and Tomorrow』(2008年6月)について明かし、「嵐さんがステージで歌ったらいいなと勝手に俺が思って作って、勝手に自分たちで歌っている」と笑っていた。

一方、相葉雅紀は「つい口ずさむ歌」について「たまに自分たちの曲を口ずさむ…You are my SOUL! SOUL!」と歌い「嵐愛! すごいですね嵐愛!」とゆずを喜ばせる。「嵐の『A・RA・SHI』はやっぱり特別な気持ちが入っているのかも」と相葉も感慨深げだ。

今回はその相葉が嵐メンバーの魅力を「五・七・五」を基本に作詞して、ゆずが曲をつけて楽曲を作るのが最終目的だ。「偶然に 歯医者スーパー ニノがいる」といった相葉の詞を参考に北川がギターで曲を乗せると岩沢がコード進行をメモする。「そこマイナーとか入れるのやめようかな、めんどくさいから…」と真剣にやりとりしながら「ごめんねガチで」と北川。ゆずが楽曲作りするレアな光景に感動する相葉だった。

完成した“ゆずあいば”による『嵐色』はいわゆる「ゆずっぽい」さわやかなナンバーとなった。4月26日リリースの『YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ 1997-2017』には間に合わず「入れたかった~」と残念がるが、もしかすると5月3日から始まるドームツアー『ゆず YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ』で歌ってくれるかもしれない