読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆よろずや情報局~OTOKU~☆

体に良い情報や面白い情報を多方面にご紹介していきます

緊張高まる 北朝鮮で今日、25日に軍創建85周年

 北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85年の節目を迎える。トランプ米大統領は24日、中国の習近平国家主席との電話協議で「好戦的な対応を続け、朝鮮半島の安定を損ねている」と北朝鮮を批判。両首脳は核・ミサイルの脅威が迫っていることを再確認したうえで朝鮮半島の非核化に向けた連携強化で一致した。

 朝鮮半島近海をめざす米原子力空母カール・ビンソンを中心とした米艦隊と海上自衛隊護衛艦は近く、日本海でも共同訓練を実施する見通しだ。北朝鮮が25日前後にあわせて核実験などの挑発に踏み切れば、朝鮮半島情勢が一気に緊迫する可能性もある。

 北朝鮮は核実験を強行する姿勢を崩していない。朝鮮中央テレビによると平壌では24日、軍創建85年を記念する中央報告大会が開かれた。朴永植(パク・ヨンシク)人民武力相は演説で「米軍基地と米本土を照準器内に収めた核攻撃手段は常時、発射待機状態にある」と強調。「敵が軍事的冒険に出ようとすれば先制核攻撃で侵略の牙城を地球上から完全に消し去る」と述べた。

 25日には核問題を巡る6カ国協議の日米韓首席代表が都内で会合を開く。これに先立ち、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は24日、都内で韓国の金烘均(キム・ホンギュン)朝鮮半島平和交渉本部長、米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表と個別に会談した。